e-Clinic ProductsPotato Software, Inc.
商品紹介
e-Clinicのご紹介
e-Clinic
スナップショット
画面イメージ
ユーザーズボイス
導入に至るまで
よくあるご質問
製品についての発表
サポート情報
e-Clinic HP
My電子カルテ
Design by Potato
e-Clinic

診療所版電子カルテe-Clinic

e-Clinic

e-Clinic®は、診療所用の電子カルテおよび医事会計のパッケージです。

e-Clinicの概要

e-Clinicは診療所向けの「電子カルテシステム」および「医事会計システム」のパッケージで、電子カルテシステムと医事会計システムをネットワークで接続した状態で使用します。
受付には、受付処理と診察が終わった後の会計処理を自動で行う機能を持った医事会計システムを設置し、診察室には先生が使用される電子カルテ端末を置きます。これにより、受付から会計までスムーズに情報を伝達する院内情報システムが実現します。

e-Clinic電子カルテシステムの特長

  • 受付窓口の「医療事務システム」とネットワーク接続により、
    患者情報の共有、各種情報の一元管理が可能
  • 「病名検索」「一般検索」を使って診療内容を全文検索・出力
  • カルテに記入する内容をタッチパネルから簡単入力
  • 画像データからグラフ・文字情報までトータルで表示、
    画面によるインフォームドコンセントの実現
  • My電子カルテの搭載による医療情報連携
  • 過去のカルテもワンタッチ操作で閲覧
  • リモートメンテナンスによる迅速で安心なサポート
  • CLAIMインターフェースを標準実装

詳細説明

画面イメージ

e-Clinicの研究・開発および著作権者について
e-Clinicについての各種文献

e-Clinic+plus医療事務システムの特長

  • レセプト電算処理に対応
  • レセプトや統計はイメージを画面に表示して確認
  • リモートメンテナンスによる迅速で安心なサポート
  • 電子カルテ「e-Clinic」とのネットワーク接続による患者情報の一元管理、
    院内トータルシステムの実現
  • 操作訓練に時間をかける必要のない、直感的な会計入力
  • 入力された情報は簡単に抽出・取り出しが行え、各医療機関毎の資料が作成可能
  • スタンドアロンからクライアントサーバまで様々なシステム形態が選択可能
  • CLAIMインターフェースを標準実装

詳細説明

画面イメージ

e-Clinic動作環境

機器構成例をみる


e-Clinic/e-Clinic+plusハードウェア必要スペック
OSWindows® XP Professional 日本語版
(XP対応はe-Clinicのみ)
Windows® 2000 Professional 日本語版
ハードウェア上記OSをサポートしているハードウェア
モニターXGA(1,024×768)以上
CPUCeleron1GHz以上
メモリー256MB以上(512MB以上を推奨)
LANインターフェース10/100BASE-T
バックアップMOドライブなど
その他UPS(無停電源装置)設置を推奨

ご注意:必要なメモリー容量、HDD空き容量などは、システムの環境により異なります。
ページトップへ↑